バイトから学べること

ホワイトカラーな仕事に就きたいという人が若い人の間にもたくさんいます。ホワイトカラーな仕事とはスーツを着る仕事のことを指しますが、ドラマなどの影響により憧れる人が多いのが現状です。実際に学生のうちからホワイトカラーのバイトを体験してみると、将来就職するときに役に立ちます。

スーツを着るバイトとして代表的なものに、学習塾の講師の仕事があります。大学生以上が限定ですが、塾講師をするとさまざまなことを経験できます。スーツを着る仕事は汗をかかずに清潔なイメージがありますが、塾講師の場合は意外と汗をかく場合もあります。ただ、ブルーカラーのように汚い作業をしたりすることは滅多にありません。スーツを着る仕事は目に見えて力を使う仕事ではありませんが、その反面精神的なタフさが必要になります。これについては実際に体験しないとわからないことが多く、そういう意味でもバイトでスーツを着る仕事をしてみるのは将来的なことを考えると時給以上に価値があることなのです。精神的な悩みが多い理由は、ブルーカラーと違い人を相手にする仕事が多いからです。人は物のように扱うのは容易ではないことに気が付くのです。ただ、人は感情で動いているということがわかれば、どんな人を相手にする仕事でも大丈夫だというようになれるかもしれません。それとは別に単に憧れを抱いていただけの人であれば、将来的にスーツを着る仕事に限定せずに職種を広げて仕事を探すことも思いつくはずです。